せせらぎ日記

岐阜県郡上市明宝の和風ペンション、「ゆの里 せせらぎ」。 「せせらぎ」の日常を、四季折々の自然を交えながら報告します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

2017、5月末

おはようございます。今日もよく晴れている明宝、朝は寒いです。冬用のパーカー着てます。日中はかなり気温が高くなりそうな予報です。

さて、5月も末、日によっては全国的に真夏日を記録することも。ゆの里せせらぎの周りも緑が濃くなってきました。

せせらぎ前

こちらは昨日、5月28日の様子。前回5月6日にアップしたブログに、同じ場所の画像がありますが、見比べるとどれだけ葉が茂ってきたかがわかります。

昨日もよく晴れていたので、木漏れ日が気持ちよかったですね。
こもれび

モミジの木陰です。プロペラ型の実も。

モミジのプロペラ

今の、ゆの里せせらぎの周りの様子を。

003_20170529075936011.jpg

建物裏のとちの木の根元で、エビネが咲きました。このエビネは、どこかからいただいて、植えたもの。
エビネ アップ

凛としたきれいな花です。が、この花を見ると、エビネのエキスが付いた指から毛が生えた事から開発された、という発毛剤の通販のラジオCMばかりを思い出します。全国的に放送されているんだろうか、あのCMは?

話が大きくズレましたが。吊り花も沢山の花をつけています。

吊り花

吊り花 アップ

淡い色の、涼しげな花ですね。

ちょっと川の様子も見に行ってみましょう~。
ゆの里せせらぎの立っているところから川を見るとかなり下の方に見えるのですが、少しだけ歩くと川の脇に出られます。堰堤(えんてい)の上に出るんですね~。

釣り人の道

草がぐんぐん伸びてきてエライ事になっている道を通って・・これ、獣道みたいになってますが、魚釣りの人が通るのでこんな風に人が通れる分だけあいてるんです。あと、なんだか写真が傾いているように見えますが、写真自体はまっすぐです(の、はずです)。山道なので、傾斜してます。

草をもさもさかき分けて、張り出した枝の下をくぐったりして(少しの距離ですが)。

川

到着です。あー、もう夏みたいな景色。最近雨が少ないので、川の水も少ないです。釣りの人にしてみると、もう少し水位が欲しいんじゃないでしょうかね。水の流れが少ないと、川底に藻がついてしまうんですよね。

では、ここらで少しゆの里せせらぎを離れて。せせらぎ街道を走っていて、最近目立つのが

タニウツギ

タニウツギの花です。緑色の山の中で、ピンク色が鮮やかなことと、花がわんさかついていてこんもりと茂るので、車に乗っていてもよく見えます。

タニウツギ アップ

ベル型のとても可愛らしい花ですが、虫が付きやすいので、採ってくるときはよく見ないと小さい虫がたくさんついていることがあります。通称、「ダニ花」。郡上でそう呼ぶだけかなあ?ちょっと調べてみたんですが、北海道の人のブログに「ダニ花」と呼ぶ、と書いてあったので、全国的なものなんでしょうか。とにかく、そう呼ばれるくらい、虫に好かれてしまうのです。

もう一つ、今の時期目を引くのが

ナンジャモンジャ 満開

葉っぱが見えないくらい真っ白に花が咲いている、ヒトツバタゴ。こちらは通称の方が有名でしょうね。「ナンジャモンジャ」の木です。明宝ではかつて、どうやらナンジャモンジャブームがあったらしく、あちらこちらに植えられているものが、今大きな木になってきて、花盛りになるとよく目立ちます。この写真の木は、私が密かに「せせらぎ街道沿いで一番きれい」だと思っているヒトツバタゴの木です(笑)。全体の様子といい、花の付き具合といい、今の時期この木を見るのが楽しみです。

他にも、小さな草花が沢山咲くこれから。ゆっくりドライブも気持ちいいですね。・・・今からちょっと出かけようかなあ~?
スポンサーサイト
別窓 | せせらぎ周辺の自然 | コメント:0
∧top | under∨

2017、新緑。

ゴールデンウィークも残すところあと一日。皆様、いかがお過ごしでしょうか。遠出された方はそろそろおうちに戻って、明日はおうちでゆっくり休んで、月曜日からお仕事・・・と言ったところでしょうか(私はゴールデンウィーク前もお仕事、ゴールデンウィーク中はもちろんお仕事、そして月曜日からまたお仕事です。・・・愚痴ってみました)。

せせらぎ街道も、車、多かったですね~。特に、道の駅「磨墨の里」は連日満車、駐車場に入れない車で渋滞が発生するほどでした。芝桜の「国田家のお花畑」も、駐車スペースは満杯でした。今日は生憎の雨と、お休みも残り少なくなってきたためか、どちらも少し余裕がありそうでした。

さて、ゆの里せせらぎも忙しさはちょっと一段落。お客さんが帰られた後、お部屋の掃除をしながら見る山がきれいです。

山 つばきから

写真はよく晴れて日中暑いほどだった昨日(5月5日)のもの。

今年は4月になっても気温の低い日が多くて、寒い春でした。なので、ゆの里せせらぎ周辺はやっと春らしく山の新緑がきれいになってきました。ソメイヨシノより少し遅く開花する、山桜がやっと満開。

せせらぎ つばきから

個人的には、今くらいの新緑が一番好きですね。木々の向こうが透けて見えるくらいの。

新緑 2017

春が遅かった分、後が詰まっていて(?)、いろんな花が一気に咲く気がします。いつもならコブシが咲いて、山吹が咲いて、モミジイチゴが咲いて、ソメイヨシノが咲いて、山桜が咲いて、ウワミズ桜が咲いて・・・と、なんとなく順番があるのですが、今年は山吹も咲いてるし、山桜もまだ見えるし、コブシの花すら残っているところがあるのに、ウワミズ桜が咲き始めました。今日の雨が止んで、明日太陽が顔を出したら、一気に山ももっと青々としてくるでしょう。ウグイスも毎日お嫁さん探しに忙しそうです。

さあ、明日はゴールデンウィーク最終日。何します?
別窓 | せせらぎ周辺の自然 | コメント:2
∧top | under∨

小川の花桃

今日の明宝は、雲一つない快晴。昨夜から朝にかけては風が強かったのですが、徐々に治まってきました。

さて、明宝には小川(おがわ)地区という集落があります。明宝はせせらぎ街道と吉田川に沿うような形で在るのですが、せせらぎ街道から外れて山を一つ越えたところにあるのが、小川。くねくねとした細い峠道(小川峠)を越えて行きます。

この小川地区は小さな集落で、また、他の集落から遠く離れているので、昔から住人同士の仲がとても良く、結束が固いことで有名なのです(ちなみに今年の小川小学校の新一年生は、一人。次の新入学生は平成33年だとか。いかに小さな集落か、お分かりいただけるでしょう)。

小川地区では近年花桃の植栽に力を入れていて、春になると花桃がとてもきれいなんだとか。「なんだとか」というのは、実際に行ったことがないから。明宝に住んで十何年にもなるのに、そんなことで良いのか。いや、良くない。ということで、お天気の良かった今日、スタッフKは小川目指して出発したのです。

せせらぎ街道から、県道86号へ。目印は郵便局。郵便局の脇を通って峠道へ。この峠がなかなか曲者で、カーブがキツイ、道幅が狭い。場所によっては対向車とすれ違うこともままならないので、対向車が来ないか注意しながら、もしすれ違う必要がある場合は退避できる道幅のある場所で待機します。お互いの譲り合いが大切です。

そんなくねくね道を慎重に走ること20分強。峠を越えて少し下ると小川地区が見えてきます。明宝自体が、いや、都会の人から見れば郡上自体がのどかに見えることでしょうが、小川は更にのどかな雰囲気です。まっすぐ道を走ってしまえば、あっという間に集落を出てしまうくらい、小さな場所です。

桃 もうすぐ満開

道路の脇には、なるほどたくさんの桃の花が。ただ今日は満開まではもう少し。

たくさん 花の木

桃の木がずっと

撮影技術とアングルが未熟なため、わかりづらいのですが💦・・・川沿いと思われる、向こうの方にも、ずっと花桃の木が植えられているようです。ただ、まだ咲いていない木が多いので、なんだかよくわかりませんが・・・灰色のもこもこしたように見えるのは、枝垂れの桃の木です。早い木はかなり花が咲いていますね。

咲き分け

一本の木に色の違う花が咲く木も。花桃は桜と比べて花の色がパキッと鮮やかなので、もう少ししてたくさん花が咲いたら、それは華やかになるでしょう。

今日は桜が満開でした。
桜が満開

空が青すぎて目がちかちかするほどの良いお天気。ちょっと風が冷たい。

小川の中を通る県道をそのまま走って、集落を抜けたあたりに

小川の大滝

きれいな滝が。「小川の大滝」というのだそうです。近くには説明の看板があります。

小川の大滝 説明

読める・・・かな?簡単に説明するとですね、
*この滝つぼには主がいて、それは河童ではないかと言われている。かわいらしい子供が滝つぼで遊んでいるのを見た人がいる(地元の子供は滝つぼは深くて危ないので、入らない)。
*行事などがあるとき、貸してほしい膳椀の数を書いた紙を滝つぼのそばの岩に置いておくと、朝にはちゃんと揃えて置いてあるという「膳椀貸し」の」伝説がある。しかし借りた椀が欠けてしまい、それをそのまま返してしまったら、二度と貸してくれなくなってしまったと言われている。
*滝つぼの左側の岩は仏岩と呼ばれている。仏さまの横顔が滝つぼの水を飲んでおられるように見える
・・・と。
仏さまのお顔にみえる岩は、私の撮った写真ではお姿を確認できませんが(日頃の不信心のせいか・・・?)、看板の、黄色い線が表しているところですね。

この小川の大滝を過ぎて、更にこのまま道を進むと、下呂市に入ります。

小川の花桃、ゴールデンウィークあたりがちょうど見頃となるのではないでしょうか。花が満開になるころ、もう一回峠を通って行ってみようかな~。
別窓 | おすすめ観光スポット | コメント:2
∧top | under∨

春はまだ先?

「一月行く、二月は逃げる、三月去る」、とは言いますが、はや3月。少しずつ日が長くなって、寒さも緩んで、せせらぎの周りに積もっていた雪もほとんど消えて、冬場の忙しさも少し落ち着いてきた今日この頃・・・などと油断していたら。

3月8日 寒い

3月8日、今日は真冬に逆戻りです~。細かい雪が降ってます。

少しずつ暖かくなって、体も徐々に春モードに近づいていたので、寒さが身に染みる。それでも、1月や2月の寒さに比べたら大したことはないし、雪も、太陽が顔を出せば間もなく融けてしまうでしょう。

ブルさんも寒い

除雪のブルドーザーも、今回は出動なしで大丈夫でしょうね(そうであってほしい・・・)。

スキー場にはうれしい雪になったのではないでしょうか。

天気予報によると、今日が寒さのピークとのこと。週末にはかなり暖かくなるようですね。しかし・・・来週にはまた寒の戻りがありそうです。
暖かくなったり、寒くなったり、体調管理が難しい時期です。風邪などひかないように、気を付けましょうね~。
別窓 | せせらぎ周辺の自然 | コメント:0
∧top | under∨

2017年1月。

ブログをずーっとほったらかしにしているうちに、秋も終わり、年まで明けてしまいました・・・。

さてさて、冬真っ盛り。北海道や東北では早い時期からの大雪が報じられていましたが、この冬の明宝は雪が遅くて、降っても夜の間にうっすら積もり、昼間にはすっかり溶けてしまう状態が数回あったくらい。それも明宝の最深部のせせらぎでの話で、明宝の道の駅辺りでは時折雪がちらつく程度。寒さもそれほどでもなく、このまま冬が行き過ぎるのでは、と思っていたところ、今回の寒波でやっと冬らしく少しまとまった雪が降りました。
 それでも各地で報じられたような激しい降り方ではなく、降っていた時間は長かったものの、積雪量は大したことなかったですね。ありがたかったです・・・。

そして今日。朝からよく晴れて、青空が広がり、風もなく穏やかな一日になりました。晴れた分、朝の冷え込みは厳しかったけど。日のよく当たる窓際にいると、暑いくらいです。

晴れた~

雪が降った後、すっきりと晴れると、景色がとてもきれいです。

川

せせらぎの下の、川の様子。

実はこれ、昨日の朝の写真。今日はもうだいぶ溶けてしまいました。せせらぎ街道も2、3日圧雪の状態になっていましたが、昨日あたりからかなり溶けて運転しやすくなってきました。日陰はまだまだカチカチ、ツルツルのところも多いですが。

今日はスキーやスノーボードをしていても、日差しで暑いかも。気持ちよさそうですけどね~。

しかし、また今週の金曜日くらいから少しまとまって降りそうな予報が出ています。今度もそんなに降らなければいいんだけど。

お出かけの際は、車の準備、お出かけ先の天気、しっかりチェックしてくださいね!


別窓 | せせらぎのつぶやき | コメント:2
∧top | under∨
| せせらぎ日記 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。