FC2ブログ

せせらぎ日記

岐阜県郡上市明宝の和風ペンション、「ゆの里 せせらぎ」。 「せせらぎ」の日常を、四季折々の自然を交えながら報告します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

今日のお客様。

 2013年もはや21日。遅ればせながら、皆様、明けましておめでとうございます~

 今年の冬は寒いですね。風邪などひいていらっしゃいませんか?

 東京でも雪が沢山降ったと、ニュースで観ました。とすると、明宝なんてさぞ大雪で…と思われるかもしれませんが、意外や意外。スキー場にはたっぷり雪があるのに、道路にはほとんど雪が残っていないという非常にありがたい状態です。

 さてさて。最近、ゆの里 せせらぎにはカワイイお客さんがやってきます。

   P1200009.jpg

 それが、こちら。フサフサで、ツノがちょこん。つぶらな瞳が何とも可愛い。

 …ところで、このコ、なんだかお判りになりますか??

 このコがやってきて、この写真を撮ったのが、昨日。写真を撮っていたら、たまたま通りかかった方たち(明宝温泉と間違えて、せせらぎに入って来られたんですね~)が
「わあ、すげえ~。…なんなんすか、コレ?」(←若者だった)

 なるほど、知らない人は見ても、このコが何なのか判らないんですよね。

 そう、このコは、カモシカです。

 カモシカの後ろに岩が写っていますが、この岩付近がお気に入りらしくて、最近、夕方によくやってきます(いつも同じコかは、不明ですが)。岩に苔が生えているので、苔を食べに来てるのかな…?

 少しずつ近づいていくと、少しずつ後退するカモシカ君(ツノがあるからたぶん男の子だと思うんですが)。

   P1200012.jpg

 話しかけながら近づいていくスタッフKから目を離しません。

 不思議なもので、鹿、カモシカたちは、近くに行ってもなかなか逃げません。急に大きな声を出したり、動いたりすれば、あっという間に身を翻して逃げて行ってしまいますが、こちらが静かにしていると、こちらの様子をじーっと窺っています。彼らと私たちの間に木などの障害物があると、首を伸ばしたり、顔を傾けたりして更にこちらの様子を窺ったりしてますね。

 そーっと、そーっと近づきます。

   P1200020.jpg

 あっ、横向いた。近くでアマゴの水槽(お客さんの夕ご飯にお出しする、塩焼き用のアマゴを水槽に入れてます)からアマゴを掬いだしているスタッフYの方をうかがってますね。

 P1200018.jpg
  
 あっ、今度は私の方向いた。じーっとみてます。けっこう、むっくりしてますね。鹿の仲間というより、牛の仲間っぽい体つきです。なかなか、ハンサム君ではないですかね。

 思う存分、写真を撮らせてもらえました。ご飯中だったかな、邪魔して、ごめんね。

 自分では、かなり近く、3メートルくらいまで寄って写真を撮ったつもりでしたが、後から近くにいたスタッフYに
「あたし、すごい近くまで行ったよね!?」
と聞いたら、
「7~8メートルはあったよ」

 う~む、気分だけ前のめりだったようです。

 また来てくれるかな~。楽しみです

 
スポンサーサイト

別窓 | せせらぎ周辺の自然 | コメント:0
∧top | under∨
<<雪の日に、ジェラートを。 | せせらぎ日記 | 寒波到来>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| せせらぎ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。