FC2ブログ

せせらぎ日記

岐阜県郡上市明宝の和風ペンション、「ゆの里 せせらぎ」。 「せせらぎ」の日常を、四季折々の自然を交えながら報告します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

良い香り?

 先週末の雨の後(ちょっとした夕立程度で、そんなに降らなかったのですが)、朝晩はすっかり秋めいてきた明宝。今朝は寒いくらいでした…。

 さてさて、少し前のお話。

 山を歩いていると、辺りに漂う甘い香り。

   P8160022.jpg

 こんもりと茂った木に、沢山の花。ジャスミンのような甘い香りに誘われて、蜂やちょうちょが集まっています。

 近くで見ると、こんなお花。

   P8160023.jpg

 白い花に、赤いがく。長い雌しべと雄しべが華やかです。

 しかし、こんなに可愛らしい花なのに。この花の名前は「クサギ」。臭い木、と書きます。こんなに辺りに良い香りを撒き散らしているのに?臭い?名前をつけた人は、鼻が悪かったんでしょうかねえ…。

 いやいや。何でも、この木の葉っぱをちぎって揉むと独特のニオイがするらしいのです。そのニオイが、クサイから「クサギ」らしい。…何事も経験。その臭さを体感してみましょうか。

 変な期待を抱きつつ、葉っぱをちぎって軽く揉んで、おもむろにニオイを……う~ん、確かに青臭いような、生のナッツをかじっちゃったような、なんだかアブラっぽいような独特のニオイ。良いニオイとは言えないけれど、名前にされるほど臭くもないような…。若干期待はずれです…。

 クサイ、といいつつ、春の新芽は食べられるんだそうですよ。葉っぱを採るときはクサイんだけれど、置いておけば臭いは気にならないんだとか。

 食べておいしいかはともかく、もう少しすると、花の後に濃い青紫色のとてもきれいな実がつきます。草木染でも青色の染料の原料として使われるんだそうですよ。

 花も実もきれいで甘い香りを振りまくのに、クサギ。なんだか名前をつけた人に文句の一つも言いたい気分になるのでした。

スポンサーサイト

別窓 | せせらぎ周辺の自然 | コメント:0
∧top | under∨
<<気になるカフェは。 | せせらぎ日記 | せせらぎ、夏。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| せせらぎ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。