FC2ブログ

せせらぎ日記

岐阜県郡上市明宝の和風ペンション、「ゆの里 せせらぎ」。 「せせらぎ」の日常を、四季折々の自然を交えながら報告します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

高山市でさくらんぼ狩り!

 今日は午前中から雨の明宝。涼しいです。

 さかのぼること2週間ほど。夕方ラジオをつけながら車を運転していたところ、高山市でさくらんぼ狩りができる農園がある。そしてさくらんぼ狩りは今週末まで。という情報を耳にしました。さくらんぼ狩りなんて、長野とか山梨とかでなければできないと思っていたのに、高山で出来る。ならば行くしかない。要予約ですが、幸い最終日の午後2時~の組に滑り込むことができました。

 ということで行ってきました。先週末。

 場所は高山市久々野町「もだに農園」。高山の市街地から30分ほどで到着です。

 農園の事務所で受付を済ませ、いざさくらんぼハウスへ~。

   リンゴ畑の向こう

 出荷用リンゴ畑の向こうに見えるのが、ハウスです。リンゴ畑のふちを通って行きます。リンゴもいっぱい実がなってましたよ(まだ青かったけど)。

   さくらんぼハウス

 ここで、狩るわけです、さくらんぼを。

 ハウスの中にはさくらんぼの木が並んでおります。まだ苗木のもの、だいたい収穫を終えつつあるもの、まだたくさん実がついているもの、それぞれです。収穫できるさくらんぼは3種類。「高砂」、「佐藤錦」、「ナポレオン」。佐藤錦には聞き覚えアリ。収穫の仕方の説明をきき、いざスタート。制限時間は30分です。

   さくらんぼ

 ほら~、脚立に上って近くで見るさくらんぼ~!こんなにたくさん!きれいでしょ~!!

   さくらんぼきらきら

 ピカピカです~

 こちらもだに農園さんのさくらんぼ狩り、実は今年が初めてなんですって。これまでもサクランボの出荷はしていたそうですが、さくらんぼの木を植えてから18年、さくらんぼ狩りを楽しんでもらえる程の木に育ったということで始められたそうです。
 「贅沢にさくらんぼ狩りを楽しんでもらいたい!」と、一度に多くのお客さんの受け入れはせず、一回のさくらんぼ狩りでハウスに案内するのは家族や少人数のグループ。この時もスタッフYとスタッフK、それにお母さんと小学生の兄弟二人の計5人。もう、さくらんぼ取り放題。

 もともと出荷用ということでひとつひとつのさくらんぼがこれまた大きい。

   さくらんぼてのひら

 もちろん甘い。そして果汁たっぷり!3種類の木の間を脚立をもってあっちへ行ったりこっちへ行ったり。赤い実を見つけて脚立を登ったり下りたり。さくらんぼの種類によってそれぞれに味が違うのも楽しい。私は「高砂」が好みかなあ。どう違うか?食べてみたらわかります!

 農園のお兄さんが「20分くらいで急にお腹がいっぱいになりますよ。うちのは粒が大きいから、そんなに数が食べられないかも」と言っていましたが、確かに。20分もするとお腹いっぱい。でも、何でしょうね、収穫欲?お腹は十分満足しているのに赤い実を見ると「どうしても、あれだけは!」とまた脚立を登ってしまうのです・・・。

 30分たっぷり食べました。さくらんぼでお腹いっぱいなんて、なんという贅沢!一緒のグループでハウスへ行った小学生のお兄ちゃんはハウスからの帰り道、「うう、食べすぎて、吐きそう・・・」。

 ハウスから事務所に戻る間、農園のお兄さんが美味しいリンゴの見分け方などを教えてくれました。

 こんなに楽しいさくらんぼ狩りが、近くでできるなんて!お腹いっぱい食べて30分1500円はお得です!

 しかし!今年のさくらんぼ狩りは終了してしまいました・・・。また来年をお楽しみに。ちなみにもだに農園さん、秋にはリンゴ狩りが楽しめます。バーベキュースペースもあるので、リンゴ畑を眺めながらのバーベキューも楽しそう。食材も販売されているので手ぶらで行っても大丈夫。

 また、もだに農園がある久々野町は多くの果樹園がある地域。飛騨ももやぶどうを販売している直売所もありますよ。果物好きさんにはおすすめエリアです。

 今回さくらんぼ狩りを楽しんだのは→もだに農園

 
スポンサーサイト

別窓 | せせらぎから行ける、こんなとこ | コメント:0
∧top | under∨
<<飛騨高山で飛騨牛を。 | せせらぎ日記 | ニューオープンのお蕎麦屋さん~俄~>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| せせらぎ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。