FC2ブログ

せせらぎ日記

岐阜県郡上市明宝の和風ペンション、「ゆの里 せせらぎ」。 「せせらぎ」の日常を、四季折々の自然を交えながら報告します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

いざ、乗鞍!

毎日よく晴れて暑い日が続いている郡上市明宝。今日は朝から強く風が吹いているので、昨日までの暑さはちょっとお休み。

そんな晴れ続きの先週木曜日、スタッフYとスタッフK は乗鞍岳へ出かけました。先日、新聞で「乗鞍スカイライン開通」の記事を見かけて行ってみたくなったのです。

現在乗鞍スカイラインは環境保護のためのマイカー規制が行われているので、シャトルバスに乗ります(タクシーでも行けますよ)。まずはシャトルバス乗り場のある、ほおのき平を目指します。

ゆの里せせらぎから車で1時間40分くらい。ほおのき平バスターミナルに到着です。

朴木平

ここに車を置いて、シャトルバスの切符を買います。往復切符大人一人2300円。ほおのき平の駐車場は無料で駐車できます。

往復切符

シャトルバスに折り畳みの自転車を積み込んで、畳平から自転車で降りてくることもできるんですって。それ、気持ちよさそう!でも、バスの状況(混んでいたり)によっては、自転車の積み込みを断られることもあるようなので、要注意。

ほおのき平バスターミナルからは毎時55分にシャトルバスが発車します。ハイシーズンには本数が増えたり、天候によって発車しない場合もあるのでこの辺りもよくご確認を。

この日、10時55分発のバスはほぼ満席。

バスの車内

登山のできる服装の方が多いですね。さてさて、いざ出発~!

出発して少しすると、林の中に雪が残っているのがみえます。バスは乗鞍スカイラインをどんどん登っていきます。乗鞍スカイラインは日本で最も高地を走る山岳道路なんですって。

車窓から

そうこうしているうちに車窓からは雪を抱いた山が見えます。山肌をぐるぐると縫うように走る道路なので、バスの向きが変わるたびに見える景色がくるくる変わって面白い。周りの樹木も広葉樹林から針葉樹林へと変わり、出発から20分くらいかな、山はここらが森林限界。背の高い木が一本もなくなってハイマツばかりに。

森林限界

雪の壁も残ってます。

雪の壁

さらにバスは山道を進みます。乗車してから40分足らずで終点 畳平に到着です。この地点で既に白山の山頂と同じ標高なんですって。バスを降りると少し空気がひんやり。よく晴れていて視界は良好。高地なので紫外線が強い感じがします。すごく眩しい。帽子を忘れたスタッフK、かなり日焼けが心配です。スタッフYはサングラスを購入しようか否か、迷います。

あたりを見回して(写真撮るの忘れちゃいました)・・・さて、どうしようか。うん、とりあえず、ちょっと高いところに上ってみよう。

魔王岳

ちょっと急な階段ですが、私の履いていった街歩き用のウォーキングシューズで十分登れます(だって…登山なんてするつもりじゃなくてもっと気軽な気持ちで出かけたんだもん…)。スタッフYは
「ちょっと空気が薄い感じがする」
と言いましたが、普段運動不足のスタッフKは郡上辺りで階段上っても普通に息切れするので、この息切れが高地のせいなのか、ただの運動不足なのか、わかりゃしません(笑)。

登り始めて5分?10分?あっという間に標高2,761メートルの魔王園地に到達です。ここ、魔王岳っていうんですね。

白山よりも。

魔王岳からの眺め

さっき撮影し忘れた、畳平の様子が見えます。この向かって左側の建物の裏側、今は雪に覆われているところが、夏には一面のお花畑になるそうです。木道が半分くらいみえてます。

この時気温は12度くらい。階段を上がったのでちょっと暑いくらい。この魔王園地から更に奥へ進みます。足元にロープが張ってあるので、そこからは出てはいけません。国立公園なので、もちろん植物を採取してもいけません。

更にその先

ハイマツの間を縫って歩きます。ここら辺はやっぱりちょっとしっかりした靴のほうが歩きやすいですね。石がゴロゴロしてるのでつまづき注意です。

山頂

一番奥に見える尖った山、これが乗鞍岳の主峰「剣ヶ峰」。標高3,026メートル。この写真ではわからないですが、実際に肉眼で見ると尖った山頂のほんの少し下に鳥居があるのが見えますよ。下に見えるのは亀が池と言うそうです雪の上の水が青く見えます。バスターミナルの所にも池があるのですが、そちらは鶴が池。

スカイライン

反対側に目をやると、こちらには北アルプス。ちょっとわかりづらいですが、一番奥に見えるのが槍ヶ岳。ちなみに標高3,180メートル。このころから、ちょっと雲が出てきました。

スキーの練習

雪の上ではスキーをしている人も。もちろん、スキーをしてもいい場所も決まっています。万年雪の上では一年中スキーの練習ができるんだとか。

魔王岳辺りをのんびり散策していたら、パトロールのお姉さんに出会いました。声をかけていただいて(怪しかったから、じゃないとは思いますが)、植物のこと、動物のこと、いろんなお話を聞くことができました。お姉さんによると、近年山の天気はとても不安定で予測がつかず、これから夏にかけては特に荒れることも多いのだとか。この日のようにお天気がよくて暖かい日は、ラッキーですよ、ですって。更に今年は去年に比べてかなり雪が少ないので、軽装でも高いところへ上がって来られるんだそう。

ただ歩き回るより、辺りのことをよく知っている人の話を聞いてから改めて見回すのとは、見え方が違いますね。足元の花のつぼみも

つぼみ

ホシガラスが好んで食べるというハイマツの実も

ハイマツ

お話を聞いてから見つけることができました。

一時間程魔王岳にいてバスターミナルに降りたのですが、そこの建物内でも男性のスタッフさんが声をかけてくださって、夏になると見えるお花畑の写真などを見せてくれました。さっきお姉さんも言っていた「今年は雪が少ない」。スタッフYとスタッフKは「今年は暑いから」だと思っていたのですが、こちらでお話をきいて「4月に雨が多かったから」だということがわかりました。この辺りくらい雪が積もってしまうと気温が高いくらいではそれほど雪は融けないんですって。春の雨で融けて、梅雨が終わるとお花畑が全部見えるようになるそうです。

お話を伺ったお二人とも、夏のお花畑の時期が特におすすめだとおっしゃってましたね。観たいなあ~。例年7月下旬くらいがピークみたいですが、この雪の量だと少し早くなるかも…とのこと。

なんだか、すごーく良かったです、乗鞍。今回の滞在時間は2時間。結構近いのに、あまり気にしてなかった(?)なあ、ここ。あんなに向こうに見えた剣ヶ峰も、畳平から1時間半くらいで行けるんだって。小学生のお子さんを連れてくる方もいらっしゃいますよ、とお姉さんが言っていたから、今度はちょっとちゃんとした格好をして(ウォーキングシューズとジーンズとユニクロのUVカットパーカーじゃなくて)、あそこまで登ってみようかなあ。

夏も秋も行ってみたい乗鞍、しかし何といっても高山なので事前の天候のチェックなどは怠りなきよう。



スポンサーサイト
別窓 | おすすめ観光スポット | コメント:0
∧top | under∨
<<馬籠宿、ぶらり。 | せせらぎ日記 | ゴールデンウィークのご予定は>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| せせらぎ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。