FC2ブログ

せせらぎ日記

岐阜県郡上市明宝の和風ペンション、「ゆの里 せせらぎ」。 「せせらぎ」の日常を、四季折々の自然を交えながら報告します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

遅ればせながら、五郎丸。

暑くて乾燥した日が続いていますね。でも、今日は薄雲が出て、少し涼しい、かな。

さて、今日、スタッフKは用があって関市へ出かけました。用事をささっと済ませて、目指すは「関善光寺」。どこ、それ?と思われた方でも、「五郎丸大仏のあるお寺」と言えば、「知ってる!」となるかも。

近くの道はよく通るのですが、関善光寺に行くのは初めて。長良川鉄道の、関駅の裏あたりですかね。近くに行くと案内も出ています。
駐車場に車を止めて上を仰ぎ見ると
関 善光寺 駐車場から
本堂の立派な屋根が見えます。

関善光寺 ここを登って

モミジの木陰が涼しい。ここを上がると、上が境内。境内に入るとすぐ左手に、話題の五郎丸大仏が。撮影禁止とのことでしたので、よそから写真をお借りして・・・

th[4]

正しくは、宝冠大日如来というのだそうです。今まで写真や映像でしか見たことがなかったのですが、実際に見てみるとこの、如来様が座っていらっしゃる台座?(なんていうんでしょうか・・・)にも、小さな仏像が沢山彫られています。頭の上の冠?にも、仏像が。身につけておられる衣の流れる様子などもすぐ近くで見ることができます。

そしてやっぱりこの結んでおられる印相(というんですって)。様々な形があるのですが、この関善光寺の宝冠大日如来と同じ形に印相を結んでいる仏像は、日本にはほかにないんだそうです。五郎丸さんのポーズとはやっぱり少し違いますが、見ているとなんだか穏やかな気持ちになります。

じっくりとお参りをして、本堂へ。本堂にも、実はお参り以外の目的が一つ。こちらでは、戒壇巡りが出来るのです。こちらにいらしたおじさんにお話を伺ったところ、本堂に祀られている仏さまは目の病気にご利益があるんだそう。先にご本尊にお参りをさせていただいて、いざ、戒壇巡り。300円が必要です。お金を払うと、手の甲に蓄光シールを貼っていただけます。
戒壇巡り 蓄光シール
「お守りになっていますので、あとで携帯や車に貼ってくださいね」とのこと。

さあ、それでは・・・階段を下りて・・・く、暗いっ。自分の手も見えない、本当の真っ暗闇です。左側にロープが張られていて、それを伝って歩きます。天井は高いようなので(162㎝の私が手を伸ばしても、天井には触らない)すが、なんだか頭を打ちそうな気がして仕方がない。思わず知らず、気が付くと身をかがめてそろそろと進んでいました。

しばらく進むとロープが切れて、手探りすると錠前らしきもの。どうやらご本尊の真下まで来たようです。暗闇の中で手を合わせて・・・さて、このまま前へ進むのか?そろそろ手を伸ばすと向こう側のロープの端に触ったので、それを手掛かりにまた、すり足で進みます。

どうやら、かなり通路の幅も狭いよう。急に突き当りの壁があって、何度も向きをかえて進みます。暑くないし距離も長くないけど、見えない緊張でなんだか汗が。まだ先が!?と、ちょっと不安になったころ、ようやく出口に到着。

出たところで再度おじさんにお話を伺うと、本堂の下の岩を掘って、卍の形にしてあるのだそうです。戒壇巡りが出来るお寺はほかにもありますが(スタッフKも何か所かで経験しております)、この卍形、というのはここだけなんですって。暗闇の中を歩いて来て、光が見えるとホッとして、なんか、スッキリした気がします。錠前を触るとき、お願い事をするとかなうといわれているようなのですが、すっかり忘れていました。無心で、かえって良かったかも(笑)。

ああ、外の日差しがまぶしい。続いて、岐阜県最大の木造の阿弥陀如来が祀られている大仏殿にもお参り。ちょっと「おおっ」という大きさの仏像です。「どうぞ、中へ入ってお参りしてくださいね」と声をかけていただいて、中へ入ってゆっくりお参りさせていただきました。

境内の中には、他にもいろいろな仏さま(・・・という言い方でいいのかも、よくわからないのですが)がいらして、西国八十八か所ご分身巡りなども出来ます。せかせかと忙しい日常からちょっと離れて、心を落ち着けることのできる場所です。

関善光寺、詳しくは→こちらへ。

戒壇巡りのときにいただいたシールは、スマホに貼りました。i Phon 関善光寺仕様です。そういえば、戒壇巡りの暗闇の中で見ても見えるように蓄光なんでしょうが、闇の中にいるときは歩くのに一生懸命で、シール、一回も見なかったなあ・・・


スポンサーサイト

別窓 | おすすめ観光スポット | コメント:0
∧top | under∨
<<オシャレなランチ~関市 カフェ Ma Biche~ | せせらぎ日記 | 紫の花、白い花>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| せせらぎ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。